Archive
福士千裕/ Chihiro Fukushi
  • 1989年神奈川県横浜市生まれ。
    2009年4月東京造形大学 造形学部美術学科絵画専攻領域 入学
    2013年3月同大学卒業

    **Solo Exhibition**
    2010
    [例のあれのずれ]@mograg garage(TOKYO)

    **Group Exhibition**
    2009
    [カオス*ラウンジ vol.01]@mograg garage(TOKYO)
    2009
    [カオス*ラウンジ(Summer)]@Billiken Gallery(TOKYO)
    2009
    [文明(ふみあき)]@Gallery TOKYO JOE(TOKYO)
    2011
    [ウホウホ方法]@Hidari Jingaro(TOKYO)
    2011
    [(≠ゃラ>∀<ナニ=)ノシ [kˈærəktɚ] ]@gates inn gallery(CHIBA)
    2011
    [すばらしい(略)イメージ]@TURNER GALLERY(TOKYO)
    2011
    [くびから下が本体です]@mememachinegallery(TOKYO)
    2012
    [mograg garage presents CALYPSO COLOR ]@trance pop(KYOTO)
    2012
    [High noise exhibition 大人として最低限度のマナー]@新宿眼科画廊(TOKYO)
    2013
    [であ、しゅとぅるむ]@名古屋市民ギャラリー矢田(AICHI)
    **出版**
    2012
    漫画「せんねんとせんえん」発行
    2013
    漫画「わに全滅」発行

    福士千裕 website「ゾンビエビ」

  • 1989,born in Yokohama.
    2009,entrance into Tokyo Zokei University.

    **Solo Exhibition**
    2010
    [Reinoarenozure]@mograg garage(TOKYO)

    **Group Exhibition**
    2009
    [Chaos*Lounge vol.01]@mograg garage(TOKYO)
    2009
    [Chaos*Lounge (Summer)]@Billiken Gallery(TOKYO)
    2009
    [FUMIAKI]@Gallery TOKYO JOE(TOKYO)
    2011
    [UhoUhoHouHou]@Hidari Jingaro(TOKYO)
    2011
    [(≠ゃラ>∀<ナニ=)ノシ [kˈærəktɚ] ]@gates inn gallery(CHIBA)
    2011
    [Splendid(Abbreviation)image ]@TURNER GALLERY(TOKYO)
    2011
    [A bottom is the main body from a neck ]@mememachinegallery(TOKYO)
    2012
    [mograg garage presents CALYPSO COLOR ]@trance pop(KYOTO)
    2012
    [High noise exhibition ]@Shinjyukugannkagaro(TOKYO)
    2013
    [DEA SYUTORUMU ]@NAGOYA citizen garelly(AICHI)

    **Publish**
    2012
    Comics"1,000 years and 1,000 yen"
    2013
    Comics"WANI ZENMETSU"

    福士千裕 website「ゾンビエビ」

「せんねんとせんえん」
定価:800円
全104ページ
B6サイズ

mograg web shopにて販売中!
2013.06.27.thu - 07.14.sun 「おニゅ〜な犬」
マンガにペイント かき氷
ロケット花火に 色つけて
福士千裕の戯画な夏到来〜


☆Opening party:6/29(土) 18時~

Yuhei Sito
2010.07.22.thu - 08.08.sun 「例のあれのずれ」
呟くように描き出されるドローイング、わざとらしくない漫画。
毎秒→毎日、綴られるそれらの作品群は、奇をてらうことなく、
それでいて独特の少しダークなユーモアを経由しながら、
彼女の「日常」のズレから垣間見える歪んだ心象風景を現わす。
そこから放たれるメッセージは、ふいに「はっ」とこちらの虚を突いてくる。